~ 地域と共に健やかな住まいづくり ~

協同組合 もりの木ネットワーク
兵庫県加古川市尾上町安田112-1
ベーステック有限会社内
TEL0120-620-460
FAX079-426-3460

メールでのお問合せ


木育ってなに?
木育参考サイト
林野庁「こども森林館」
北海道の「木育」
木育ファミリー
活木活木森ネットワーク
東京おもちゃ美術館
NPO法人木育フォーラム
木ネット~木と森の情報館
木材図鑑
日本の木のいえ情報ナビ
木のおもちゃ「もくロック」
林業復活・地域創生

「緑の雇用」総合ウェブサイト


一人では出来ない事も、仲間となら出来る!という思いで設立した協同組合です。私たちは地球環境への取り組みとして、兵庫県産木材を使用した建築・リフォームをしています。
健康的で、香り高く温かみのある住まいづくりを一緒に考えませんか。私たちはお客様の立場に立った独自のCM方式を採用し、価格の透明性・品質の向上を目指した取り組みで地域貢献しています。

 

天然素材を使用した新築木造住宅が、もりの木ネットワークなら
 総額1,280万円から建築可能です。
健康的で安全!天然素材の家。肌に優しいさわり心地は癒しの効果。調湿作用による自然のエアコン。冬は暖かく夏は涼しく、梅雨時期も爽やかに過ごすことができます。

建築デザイナーによる「住宅プラン・リフォーム 無料相談会
 お気軽にお電話下さい。
《完全予約制》TEL0120-620-460 AM10:00~PM5:00

お知らせ
2016年度の活動
□ 平成28年度活動方針
一 『木育』の再認識と更なる発信
一 組合を発展させ地域貢献できる活動の実施
一 県産木材利用推進普及啓発事業
一 商売繁盛に繋がるネットワーク作りの推進
一 会員拡大の推進

 昨年度、協同組合もりの木ネットワークは設立10周年を迎えることが出来ました。これもひとえに関係各位の皆様方のご支援、ご協力を頂いた賜物でありますことは言うまでもございません。改めて御礼申し上げます。

 
昨今、日本の経済も大企業を中心に緩やかな回復基調が続いていますが、中小零細企業にとって経済環境は依然として厳しい状況に置かれていると言えます。そんな中我々組合員は確実に時代を読み取り、自分の頭で考え、自分の足で一歩一歩前進することが求められていると感じています。また、昨年度は節目を迎え、心新たに設立時の熱き思いと、これまで築き上げてきた実績を引き継ぎ10年後の20周年を迎えられるよう、新たな第一歩としてスタートします。
 
歴代の理事長より好評を得ているイベント事業の「木育講座」「木工教室」「国産県産木材等の提供」を今後もより一層推進し、この東播磨地域からの県産木材利用の促進も兵庫県、加古川市、各種団体等と連携し、木造住宅や身近な生活シーンにおける県産木材の利用をさらに進めていくための効果的な普及啓発等に努めていきます。
 最後に我々企業の繁栄と、この地域の発展に必要とされる組合を目指し、この一年を会員全員で楽しく思い出に残る意味のある素晴らしい年にしようと考えています。
                                理事長 内木場 徹


5.26 第11回通常総会 開催しました


■7.25~27 浜の宮中学校トライやるウィーク「設計、地盤調査、工務店」
  
生徒4名 設計、地盤調査、工務店のお仕事を体験しました。

■7.24 坂元少年団 「木工教室」 坂元記念会館
  
少年団のスタッフさんにも協力していただき、木育講座、木工教室を行いました。

■8.22 JA兵庫南 にじいろふぁ~みん 「木工教室」 
  

■8.28 「親子ものづくり社会体験教室」 ポリテクセンター加古川




2015年度の活動

2.27 木育研修会 於:加古川勤労会館 

参加者 もりの木ネットワーク組合員15名、一般参加者1名 
映画「WOOD JOB」を上映し、林業に関する勉強会を開催しました。1名ではあるが外部参加者がいたことは活動を広げていく上で、非常に有意義なことでした。


5.9 協同組合もりの木ネットワーク 第9回通常総会を行いました。

組合員が集結し、前期の活動報告を確認後、来期への方針が決まり総会を終えました。当組合は10年を超える組合になりました。
■6.1~6.4 浜の宮中学校トライやるウィーク「設計、地盤調査、工務店」
  
生徒4名 設計、地盤調査、工務店のお仕事を体験し、仕事の厳しさ、楽しさを学んで頂きました。

■6.22 「加古川市市民活動バックアップ補助金公開検討会」 加古川駅南まちづくりセセンター
組合の活動(木育)を発表致しました。

■7.24 坂元少年団 「木工教室」 坂元記念会館
   
参加者80名(子供) 少年団のスタッフさんにも協力していただき、木育講座、木工教室を行いました。

■8.23 「親子ものづくり社会体験教室」 ポリテクセンター加古川
   
参加者約600名   組合員約15名のスタッフで木育、木工教室、端材でつくろう木のおもちゃ、ゆんぼで遊ぼうを行いました。

■10.22 氷上幼稚園「親子木工教室」 
   
過去最高の人数226名(親子)対象に木育講座・木工教室を開催しました。

■11.8 「ひょうご森のまつり」上郡森林体験の森
   

雨天後の会場ではありましたが、たくさんの来場者があり、端材で自由に工作を楽しんで頂きました。

■11.8 宝殿中学校「トライやるウィーク」 於:宝殿中学校
 
木育講座・木工教室を行い、木の大切さを学んで頂きました。


■11.24 志方西小学校「巣箱製作」
  
むくどり・すずめ・しじゅうから、入ってほしい鳥を選んで巣箱を作りました。

■11.28 エンゼル保育園「親子木工教室」
 
約40名(親子)みなの会のスタッフさんにも協力して頂き、木育講座・木工教室を行いました。

■12.14 親睦ゴルフ大会・忘年会開催



■2.9 野口幼稚園「木育活動」 於:野口幼稚園
参加者:父兄80名、スタッフ5名、外部スタッフ1名
木育講座とお母さん対象のティッシュケース造り。


2016年2月28日
設立10周年記念講演会・祝賀会を開催しました。

協同組合もりの木ネットワークは 設立10周年を迎えました
これも偏に皆様方の御支援御厚情の賜物と深く感謝いたしております
つきましては ささやかではございますが記念講演会と心ばかりの小宴を催したいと存じます
お気軽にご参加下さい。

日 時  平成28年2月28日(日曜日)
 
      1部講演会(入場無料)高砂・尾上の間 午後5時より(受付午後4時~)
 
      2部:祝賀会(会費 \10,000)相生の間 午後7時より
場 所  加古川プラザホテル
       住所 加古川市加古川町溝之口800 電話 079-421-8877


 
 ■木育講座と木工教室を一つのセットとして取り組む木育推進活動は、単なるモノ造りの機会ではなく、日常の生活の中にに存在する「木」というものを再発見することに繋がったと、感想を述べてくれる参加者が大勢いました。それは保護者や先生に至るまで、参加した人たちが一様に感じたようでした。「木」が、どのような経過を辿り、どのような役目を果たし、今自分たちの身の回りに存在するのかを知り、人と自然の関わりについて考える機会になったようです。  理事長 有田和人
   2014年度の活動

■4.30 協同組合もりの木ネットワーク 第9回通常総会を行いました。
■6.2~5 「トライやるウィーク」浜の宮中学校にて「ベンチづくり」行いました。
  
木育講座の実践、及び建設・設計・職業人の仕事についての社会体験。木工教室では、校内設置の為の本格的木製ベンチ制作。
■8.24 「親子ものづくり・社会体験教室」ポリテクセンター加古川
 親子で「ものづくり」にチャレンジ!※お問合せ:079-431-2516
・木育講座と木工教室
(本立て・コースター)
・端材で作ろう木のおもちゃ
・ユンボに乗って魚釣り!?

イベント用Tシャツ作りました。
      
参加者:一般250組800名超、スタッフ:12名
昨年から引き続き2年目の参加。木育講座、木工教室、端材でつくろうコーナー、および重機試乗体験の各ブロックを提案し受け持ちました。特に端材コーナーはフリー参加であり人気が高く、大勢の参加者がありました。特筆すべきは子供たちを連れて来た大人たちが熱中してしまうことで、「木」の魅力の大きさと木工の楽しさに、我々自身もあらためて気付きました。
開催日にバッティングする市内他イベントが少なかったこともありますが、昨年度の5割増しの参加者があり非常に盛況でした。


■9.27「木育研修会」行いました。(組合員対象)

参加者:もりの木ネットワーク組合員11名、一般0名(申し込みはあったが当日欠席)
木育活動の講演を依頼し、スキルアップの為の勉強会を開催しました。
人に伝えるには、自身が知っていることが当然であり、「学びて時にこれを習う」を繰り返すことで、より伝達力がアップすることは間違いありません。今更ながら知ることも少なからずあり、非常に良い機会でした。(広く一般に参加を広告したが、当日の参加者はスタッフのみとなりました)


■10.7「木育」授業 尾上小学校(ポケットティッシュケース作り)行いました。
  
参加者:尾上小PTA18名、スタッフ5名
PTA研修部の依頼により開催。大人を対象とした木育講座と木工教室。(ティッシュケース)
子供とは違い、具体的に学ぶべきところを見出している様子でした。子供には子供の為の、大人には大人の為の木育講座をしていることが、充分にいかされているようです。

■10.21「木育」授業 東神吉小学校(鳥の巣箱作り)行いました。
  
※BANBANテレビの情報ワイド番組「にじいろ生たまご」で放送されます。
10月27日(月) 16:00~(生放送)・20:00~・23:00~
10月28日(火) 9:00~・12:00~・16:00~・18:00~・翌0:00~
10月31日(金) 5:00~・12:00~
11月 1 日(土) 20:00~
11月 2 日(土) 7:00~・18:00~

参加者:10/2 同小学校3年生40名、学校関係者5名、スタッフ4名同校が県下において愛鳥モデル校に指定されたため、県民局林務課の方針のもと、3年生を対象とした巣箱づくりが決定しました。以前から県民局に木育活動の件で足を運んでいたこともあり、我々に協力の依頼があり、担うことになりました。
小学校3年生では少し年齢が若く、話の内容もあまりピンと来ないかもしれないと心配していましたが、開催後の感想文を読むと、充分な理解をしていることが読み取れました。純粋に真剣に話を聞き、理解することは年齢には関係なく、伝える側と聞く側の想いに比例することを強く感じました。

11.28 東神吉小学校木育活動 「巣箱の設置と植樹祭り」 於:神吉山
 
参加者:子供たちと先生、及び地元老人会10名、JA3名、スタッフ2名
巣箱設置と植樹祭りが行われました。自分たちの作品を自分たちの手で設置することで、造りっぱなしにならず、その後の姿をどうなっているのだろうと思いだす。このことがより自然と森のことを意識した人を育てることに繋がるように思われます。
屋外活動はより活発な行動がともない、屋内の活動とは一味もふた味も違う楽しそうな姿が印象に残りました。自分自身もそうだったように、子供は外が良いんだということをあらためて感じました。

11.10 宝殿中学校「トライやるウィーク」 於:宝殿中学校
参加者:生徒13名、スタッフ3名
木育講座およびマイ箸づくりとティッシュケースを制作。

11.23 夢のたね実現プロジェクト「職業人と語ろう」 於:加古川市立陵南公民館
参加者:小4~中3の10名、大工職人1名、スタッフ1名
職人のお話しと飾り棚の制作。



Copyright(C)2008-12.2014 協同組合もりの木ネットワーク.All rights reserved.